読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塀の中の懲りない面々 2016〜

刑期満了後のしぶとい人生

超大事な腸内環境

腸は脳より正直

その人の生きる力そのものが免疫のカタチと考えて下さい。その免疫の70%を腸内細菌がが作っています。
腸内には人体で最大の免疫組織が共存し腸内細菌がその免疫組織を活性化している。腸内細菌が存在しないと免疫組織は働くことが出来ない。
腸内細菌は腸の中でどのように存在しているのか

日本人の腸管は、広げれば510平方もあり、そこは多種多様な腸内細菌達が集合体を作って生息しています。
その眺めが花畑のように美しいことから、腸内細菌の集合体は腸内フローラと命名されました。

腸内フローラは、成人で500種類以上もあり、細菌の種類で推定100〜1000兆個もあり、重さは1〜2kgもなる。
この腸内細菌を便宜上分けるため、働きをタイプわけすると
に分けられる

腸内フローラの魅力は、実は腸内細菌の
縄張り意識の強さが作り出すもので、腸内細菌は体に害なものが入ってくると、排除するために攻撃を練り返すのだ。食べ物も病原菌も体内に吸収されるのは腸からである。腸内フローラがしっかり働けば、人は病気にならずにすむのです。
腸内フローラが健全に働くために最初に重要なのは、『善玉菌が多い事、日和見菌は普通、悪玉菌少ない』
というバランスが必要である。


腸内フローラを活性化するために何をするのか?

普段口にするものは、腸内細菌が喜ぶものを摂取するこということ。

  • 微生物が沢山の発酵食品を摂取して腸内細菌を増やす。
  • そして無農薬野菜を生で食べること、
  • 野菜についてる有用な微生物、酵素を取り入れる

ことが重要である。

腸内フローラをしっかりと理解して生活すれば、
インフルエンザや風邪の病原体が入ってきても撃退してくれるということ、さらに癌の予防にもなり、アレルギーも抑えてくれる。

女性には嬉しいアンチエイジング効果も得られる

私のダイエットの基礎はここにある

このように腸内を健全に保っていれば脳を通して色々事を知らせてくれます。

それと添加物を沢山使った見せかけの食品をとらないということです。

安価につくられた添加物は、沢山化学物質を使用しています。その物質を撃退するために
腸内フローラはパワーを使いすぎて善玉菌が減少してしまいます。

薬も良くない。抗生物質は腸内を消毒しますからやたら服用しないことが大切。
このような事を踏まえて発酵食品を選択していける生活を目指すべきだろう。


最初に免疫の70%を腸内細菌が担うと書きましたが、残りの30%は心=精神的。ストレスを溜めずに心を健康にということですね。
いくら身体に気を使っていてもストレスを溜めたままにすると病気にかかりやすい


生姜は体を温め、ニンニクは滋養、
米は沢山のエネルギー、麦は食物繊維、ビタミンなど、バランスよく摂取すれば天然のサプリメントになります

これを毎日少しづつとることが大切です
腸が「第2の脳」と呼ばれる理由は? 目には見えない「脳腸相関」のメカニズム
腸が「第2の脳」と呼ばれる理由は? 目には見えない「脳腸相関」のメカニズム|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS